私たちの株式会社ミレニアムダイニングが取り組む SDGs

お福分け制度に取り組んでいます。

代表取締役 重森貴弘

私たちは【お福分け】制度に取り組んでいます。
私たちがなにかできることはないか?と考えに考えた結果がこの【お福分け】制度にたどりつきました。
【お福分け】制度とは、食料を必要とされている方に【お福分け】制度で食料を【お福分け】します。
まず【お福分け】制度からご説明させていただきます。
【お福分け】とは、おめでたい時にいただいたものをお分けしますという意味や、 天から頂いたありがたい食料をもったいないのでお分けするという意味があります。類義語で「お裾分け」という言葉が似ているのですが、そのお裾分けということばを使わず、 天からの恵みである大切な食料を分けるということで、あえて【お福分け】という言葉にさせていただいています。
そして、この【お福分け】とは、私たちのお客様がごはんが少し多いので食べきれないので【お福分け】してほしい また、最近食べすぎてダイエットしているので、【お福分け】して欲しい。という方々から、 本来ごはんは250gを提供させていただいているのですが、そのうちの50gを【お福分け】制度でお預かりして、 それをまとめて、食料が必要な方々に【お福分け】をさせていただいています。

SDGsの取り組み
SDGsの取り組み
【ご連絡はこちらまで】
TEL:06-6225-8458 / FAX:0798-43-6334
※メールでのお問い合わせは上記のフォームよりお願いします。