業務内容
「強い組織づくり」と「新事業の展開」をビジョンに。
当社は、兵庫と大阪に「ファミリーレストラン」「お弁当屋さん」「和食レストラン」の3業態で8店舗、FC店舗8店舗(2013年1月現在)、を出店しています。現在は、収益性、安定性、顧客ニーズの高い「お弁当物語」に重点を置いています。2012年10月には、社員独立第1号誕生しました。今後も、独立心高き社員の採用、育成に全力で取り組んで参りたいと考えています。
お弁当物語
会議やイベントに、「ネットでも注文できる」お弁当屋さん。ヘルシーで豊富なメニューをお届けします。

店頭だけででなく「デリバリー」も受け付けているお弁当屋さんです。インターネットサイトから、イベントや会議のお弁当の注文をいただいています。最近は、お弁当だけではなく、会議の後の懇親会を会議室でやる会社さまから、オードブルの注文も延びてきています。

こだわりは、「フライの油」。店舗のフライヤー(フライを揚げる機械)に油の粒子を細かくする特殊な機械を取り付けて、油切れをよくして、お客様への余分な油分のカットをしたり、煮物はレトルトを廃止し、化学調味料無添加の調味料で味付けを各店舗でし、店内調理を実行しています。また、当店で大人気の【だしまき】は、毎日お店で焼いていています。

メニューは、各店舗ごとに違う日替わりランチがどこのお店でも大人気です。
テレビで紹介されたおかずや、雑誌にのっていて、人気のあるレシピなどを当店のレシピ落とし込んで、メニュー化したりしています。

【店舗紹介】

■直営店 ■フランチャイズ
・お弁当物語 なんば店 ・お弁当物語 西本町店
・お弁当物語 東加賀屋本店 ・お弁当物語 黒門市場店
・お弁当物語 リファーレ横尾店 ・お弁当物語 つかしん店
・お弁当物語 江坂店 ・お弁当物語 北浜店
・お弁当物語 中津店 ・お弁当物語 青木店
・お弁当物語 大阪駅前店 ・お弁当物語 イオンタウン小阪店
お弁当物語
ハートランド
「手作りの味」と「見せるメニュー」で勝負。安心で健康的な食材にこだわっています。
ボリュームのあるメニューを揃えたファミリーレストラン。お子さまでもおいしく安心して食べられるものを、ほぼ手作りで提供しています。ハーフサイズのプレート2つ+ドリンクのセットが選べる「ツインズ」が大人気です。
ハートランド
大釜炊めし工房 樹庵
主役は「自家精米+釜炊き」のお米。炊きたて白ご飯や八穀米の和定食でお客さまをトリコに。
特別栽培米(減農薬栽培)の「丹波氷上産コシヒカリ」を玄米で仕入れ、毎日お店で精米しています。昔ながらの釜で甘さを引き立てたご飯は、なんとおかわり自由。最初は「おかわりなんて…」と遠慮していた女性のお客さまも、食べてみると思わず「半分だけおかわりできる?」と頼んでしまう味が自慢です。

健康的で見た目もおいしい大黒飯(八穀米)は、雑穀とお豆を白米とブレンドしています。女性から非常に好評で、半分近くのお客様は、白いごはんよりも、こちらの大黒飯をお選びになるくらいの人気です。
健康のために調理と食材にひと手間をかけた料理は大人気。お客さまからのアンケートでも「あそこに出店してほしい!」「他に支店はありますか?」といった熱烈な反響をいただいています。

最近は、松花堂御膳や、手まりずしの入ったメニューなど、女性に喜ばれるメニューを中心に開発しています。

大釜炊めし工房 樹庵
「やりたいことは自ら勝ち取る」会社も社員も同じようにチャレンジ
メーカーさんとの勉強会
メニュー開発では、各メーカーの方と3カ月に1回、勉強会を実施しています。新メニューの作成や既存メニューのバージョンアップなど、幅広いことを行っています。また、調理方法の指導や食材の知識の勉強等も行っています。食のプロとして恥じないように日々精進しています。何もわからない、知らない人でも、この中で知識を高めていきます。また、「井の中の蛙」にならないよう、社外の人と関わりも大切にしています。
社長が徹底している“現場主義”
メニュー開発では、各メーカーの方と3カ月に1回、勉強会を実施しています。新メニューの作成や既存メニューのバージョンアップなど、幅広いことを行っています。また、調理方法の指導や食材の知識の勉強等も行っています。食のプロとして恥じないように日々精進しています。何もわからない、知らない人でも、この中で知識を高めていきます。また、「井の中の蛙」にならないよう、社外の人と関わりも大切にしています。