独立者の声
独立者養成コース
やりつづけたからこそ、今がある。独立したいなら・・・

先輩の声 【青木 文崇氏】

28歳の時に有限会社ミレニアム(現在の株式会社ミレニアムダイニング)に入社。
10年6ヶ月の修行期間をへて独立。
株式会社ワン・スマイルを設立し、お弁当物語イオン小阪店をオープン。

青木店長

入社する前は何をしていましたか?

フラフラしていました。パチンコとかギャンブルで稼いで生活していました。 ある日、生活はできるが、人の役にたっていないと思い、大好きな飲食業で働くことを決意。 ハローワークにいき、有限会社ミレニアム(現在の株式会社ミレニアムダイニング)に入社しました。

なぜ、ミレニアムダイニングに入社したのか?

他にもいろいろと決まっていたのですが、当時は、まだ2店舗しかなかった会社でしたが、社長に会った時に夢があるなと思い、入社を決意。 この時の二次面接は飲み会だったんです。飲みに連れていってもらって決めました。笑

会社ではどのようなことを学びましたか?

研修の大切さを学びました。最初は、ファミリーレストランに配属されました。そして、数年の後にお弁当物語に配属されましたが、レストランで実践していた研修がお弁当物語に 活かされたりしました。
ファミリーレストランにいた頃は、お弁当って簡単だろうと上から目線でみていましたが、実際配属されてみて働いてみると、奥が深いことに気づきました。例えば、レストランは、作ったものをすぐ食べていただけるけれど、お弁当はすぐ食べていただけない、冷めてもおいしいということも考えて調理しないといけない。また、お弁当には可能性があると思いましたね。
レストランはどちらかというと受身で席数の分しかお客さんとれないけど、お弁当をやってみて大阪府が客席やと大それた考えをしていました。笑
また、地域に応じてや職業に応じて味や好みが変わることも学びました。

独立してよかったことは?

自分のほしい収入を得られるようになりました。家族を養っていかないといけないので。会社にいると得られない額 をもらっているので、家買ったり、子供の教育費に使ったり出来るように なりました 。ただ自分の責任ですべてやらないといけない、 自分の失敗などすべては自分の責任 、お給料は結果。社会人時代は、成績の良い時にも、たくさん給料をもらえない時もありました 。逆にもらいすぎと感じたときもありました 。結果がすべてではなかったのです 。しかし、独立すると自分が努力したらした分だけかえってくる 。そこがよかったと思います 。

ご両親はなんていっていますか?

大丈夫なんか?自分のお金やから反対はせんけど、やめろとはいわれなかったけど、すごく心配はしていました。

なぜ独立を目指したのか?

入社した時からそう決めていました。もともと飲食店を好きになったのが、大学でバイトした頃でした。 他にもパチンコやの店員をやりましたが楽しいとは思いませんでした。人の役に立ってないなと思いました 。しかし飲食店でウェイターやったときは楽しかったし、料理作ったりするのも好きでした。そこで自分で店がしたいなと。自分の采配で決めたりできることがしたいなーと思ってました。お弁当で独立しようと思ったのは、自分がやってきたことで 家族も養っていかないといけない、会社として成功もさせないといけない、だからお弁当を選択しました。また、今までやってきていたので信用はあると思っていました。

大変だったことは?

入社して大変だったのは、人の管理。不満がでたりとか、部下は文句はいうし、店長なって人の責任を一手に背負うこと。賛成する人、反対する人がいる。争いごとが嫌いなんで、私が店長になった時は、前の店長と違うからとか、どうとか色々言ってくるので辛い思いもしました 。自分が採用した人を 一から教えていく、辞めたいという人を続けさせるようにするにはどうすればいいか?をいつも考えていました。みんなの意見を 聞いて一人で抱え込んでいました 。しかし、色々とわがままを言ってくる中で、こういうこというのならしょうがない、と思えるようになってきました 。そして、部下を採用して一から自分色に変えていくのは楽しい。 何もいわなくても動き出す。そういうお店に変わった時に楽しくなるのです。いいことも悪いことも 色々あったし、苦労はしたけどみんなに助けられたと思います。

独立してから大変なことは?

大変とは感じません。面白いからなのだろうか。笑
ただ、最初のお金借りれるか、資金繰りが大変でした。
あとは、まだ実際は店長の延長線上なので、少しずつ経営者の仲間入りをしたいと思っています。

独立資金はどうしましたか?

自分で貯めたお金が 700万円ちょっとです。
あとは、1000万円を金融公庫さんから借りて資金にしました。
自己資金の内訳ですが、毎月40,000円 を財形していて会社が4,000円の補助をつけてくれていたので、44,000円財形していました。また、昇級したときに満額の54,000円くらいにしました。このときも会社から1割補助がつくので、59,400円で預けてもらっていました。700万円のうち、約70万円が会社の補助なのでこの助けは大きかったです。

最近家を買ったとききましたが

独立したら家を買いたい。1軒屋に住みたいと思っていました。
家族からも家が欲しいと言われていたのと、当時賃貸だったので尚更家が欲しいと思っていました・・・
ローンの組める時期がぎりぎりなので買っておこうかなと。思い切って買ってしまいました。
家がいくらかは秘密にしておきます。

これから独立を目指す人に一言お願いします。

辞めたくなる時がいっぱいくる、他の会社に移ってもまた辞めたくなったりはする。 辞めたいと思っている時に、ほんとに転職を、業種をかえたいと思うなら、転職すればいいが、そうでない場合は今の会社でやることに意味があります。
今の会社にいることで次のステージがやってくる。うまく腰をすえてやることが大切。
考え方ですが、お店をするってことは、商品をつくって売る。何かをつくって売る 。 基本はそう。 どこでも同じやり方をするので、会社のせいにするのではなく、自分で考えて、自分だったらどうすると考えてやっていくことがいい。
嫌だからとやらされてる感で仕事をすると、重荷になる。
その中で自分が考えてどうやればいいと。忍耐力をつけるにはちょっとは我慢するときが必要で、それを忘れずに続けてほしい。本当に独立したいと思うなら。
あとお金を貯めておくこと。お金ってなんとなくたまらない。
毎月の貯金をしていく。
毎月たまっていると楽しくなる。
今は独立してよかったなと思います。
独立しないとダメだとも思います。
お店を持ちたいという人にとっては絶対に独立すべきかなと思います。
ただ時間がかかります。また肉体的にもしんどいです。8時間ちょうどしか働きたくないとかは無理かもしれないと思います。

今後の目標

最近、父親が入院して脳梗塞になりました。食生活、日々食べるものでしか 体は管理できない 、今、体にいいものはなんなのか?勉強しないといけない。
添加物保存料の勉強をしていきたいです。
本当の意味で体にいいものを。 一から出汁をとってだしまきをつくるなど。
糖尿病の人が安心して食べられるものを 、日常使いやすいものをリーズナブルに使ってもらえるようにというのが自分の使命と考えています。
弁当の中で化学調味料とか保存料とか使わない。
本当の意味で健康に貢献できるようにできたらいいなと、新しくお店を始めるにもそういうものを取り入れたお店がいい。
なんでもおいしかったらいいなと思っていましたが、そうじゃないと最近思うようになりました。

お弁当物語 イオンタウン小阪店

住所:大阪府東大阪市御厨栄町1-6-6
TEL&FAX:06-6783-6660


営業時間:10:00~23:00

近鉄河内小阪駅を下車して北東側に徒歩5分。
イオンタウン小阪(マックスバリュー小阪)というショッピングセンターの中の1階にあります。 近所には、大阪商業大学や町工場がたくさんあり、周辺はたくさんの人でにぎわっています。
人情のあふれる街にお弁当物語イオンタウン小阪店は存在しています。 ますます、地域に溶け込めるようにがんばってまいります。
お弁当物語 イオンタウン小坂店
【独立のご相談・ご連絡はこちらまで】
TEL:078-451-6681 / FAX:078-451-6682
※メールでのお問い合わせは上記のフォームよりお願いします。